お金がほしい

お金がほしい

先に謝っておきます。ごめんなさい。

子役なのに子供じゃねぇじゃん

拝啓 親愛なる寺田心 殿

 

はじめまして。
突然お手紙を差し上げますご無礼をどうぞご容赦くださいませ。

いつもテレビで貴殿の元気なお姿を拝見しております。
去る6月10日には11歳の誕生日を迎えられたそうで、本当におめでとうございます。

さて、さっそく本題となりますが、このたび貴殿(以降「甲」)にいくつか申し上げたいことがございましたのでこのように筆を執った次第です。
御耳には決して届くことのない拙文であると存じますが、当方(以降「乙」)はついに甲に対して我慢の限界を迎えてしまいました。

古来より呑舟の魚は枝流に游がずとも申しますので、どうかご気分を害されぬよう殿上よりご笑覧くださいませ。


では早速。
何から書き始めれば良いのやら、まずは甲を画面越しに拝見することで乙の耐容一日摂取量が臨界点突破した理由について書き記したく思います。

乙は、甲の住まわれる天界の遥か下界、その中の小さな集落で産声をあげました。
幸いなことに、赤貧にあえぐこともなく今日までこうして恙なく命を繋いでこられました。

しかしながら、人間とはなかなかどうして貪婪な生き物なのでしょう。
数年ほど前、乙は自らの地位を顧みずにテレビなる電化製品を購入いたしました。

おそらく、虚仮なことにより良き生活を求め、娯楽に興じたいという願望を放擲できなかったことが原因と愚考しております。


そのうえ乙は民放チャンネルなる下賤な番組で、まことに恐悦至極ながら甲がお戯れになる御尊顔をたびたび拝見しておりました。

そうした不遜な行為が重なったことで、乙に天誅が下されたのでしょう。
乙は甲のお姿を画面越しに拝見しようとすると、次第に体中が痒くなり肌膚の疼きが止まらなくなってしまったのです。

甲の比類なき声音を拝聴したその瞬間、そのファンタスティックでエキセントリックでドラマチックな言辞に感涙する暇もなく、乙の右手は瞬時にリモコンなる粗悪機器を掴み、乙の意思に反してチャンネルを変えてしまうのです。
まるで乙の脳が、身体が、魂が、甲を全力で拒絶しているような錯覚に陥っているのであります。


しかしながら、乙は甲を嫌い、苦手意識を持っている、などといった不敬な念を持っていることは断じてございません。
御心得違いをさせてしまうような表現を重ねた非礼をお詫び申し上げます。

乙が甲に対して抱いているのはただひとつ、畏敬の念のみです。
現在乙の暮らす集落では「審美眼界のロナウジーニョ」と呼ばれるほどの高徳な僧侶がおり、その方によると、甲は「アポトキシン4869」なる妙薬を召されたのではないか、と申しておりました。

高徳な僧侶(以下「丙」)も乙同様、モニターという聖なるフィルターを通して甲のお姿をしばしば拝見するとのことでしたが、数年来ほどの時空を経ても甲のご様相が一向に変化しないことに疑義の念を抱いたというのです。
そこで奉納金の一部を使用して「ベルモット」と呼称される山吹色の髪を有した嬢子に極秘で調査を依頼したところ、とある研究所で若返りの霊薬開発をおこなっているとの情報を入手したと乙に報告しました。

乙は、丙の甲に対する背信行為が断じて看過できず、このとおりその事実を記すことを決意いたしました。
しかし畏れながら、丙は決して甲の秘匿情報を剔抉したいという考えではなく、純粋に甲に敬愛の情を傾けているからこその行動だったのだと拝察いたします。

きっと甲のような器量のある聖者であれば、丙の数々の無礼をお許しいただけると切に願っております。

 

末筆ではございますが、甲の益々のご活躍とご発展をご祈願すると共に、今後乙の甲に対するアレルギー反応が和らぐことを心より願っております。
年頃柄、声変わりされませんよう、どうぞご自愛くださいませ。