お金がほしい

お金がほしい

先に謝っておきます。ごめんなさい。

童貞☆スパイラル

童貞を捨てたい。
もういいかげん、そろそろマジで、卒業したい。

10代の頃はまだ、「責任取れないから」とか「欲望に忠実ではなく、理性的に生きるべきだ」みたいな詭弁を弄じて誤魔化しが利く時代だった。
周りもみんな童貞だったから、将来への不安なんてひとかけらもなかった時代だった。

世はまさに童貞時代で、余もまさに童貞だった。
そんな時代もあったねと、いつか話せる日は来るのでしょうか。


しかし同士の中には、童貞を捨てることを諦め、「せっかくこれまで守ってきたから」などと戯言を抜かす者もいる。
かつて地球には、「童貞すら守れない奴に何を守れるというのか」という格言を残した人もいたそうだ。

けれども言いたい。それは大きな誤りである。
これまで守ってきたのではなく、誰も攻めてこなかっただけなのだ。

意図せずして、前衛がめちゃくちゃ強かったんだな、きっと。
前線から守備を仕掛けちゃっていたんだな。なんか全てを撥ね返すバリアとか張っていたんだろうな。

僕は大迫勇也ではなく田中マルクス闘莉王になりたかったのだよ。
ディフェンスなのに前線にあがったまま帰ってこないような、そんな人間になりたかった。

しかし、僕はなれなかった。ちなみに、もうじき魔法使いになれそうではある。
過去を憂いても仕方ないが、未来に絶望するよりは健全だろう。

 

と、ここで突然だが、童貞の何が悪いのかを明確にしておきたい。
こうして22にもなって清き身体を保っていると、最初のステップが非常に重くなるのだ。

つまり、この歳になっても遊びで身体を重ねた経験がない場合、本当に好きになった人にしか筆おろしを許容できなくなってしまう。
要するに、いまさらソープなんて行けないのである。

この歳で風俗に入店すると、嬢に「え?お兄さん童貞なの?」と本気で驚かれること間違いなし。
あまりにも安い店に入らなければ、彼女らも仕事だからバカにすることはおそらく無いにせよ、内心どう思われているのか気が気でないのである。

きっと「その歳で童貞とかwwww」とか「どうりで芋っぽい顔してると思ったわ」なんて思われたあげくにSNSの裏垢で足蹴にされるのだろうさ。
・・・なんて考えてしまってもう絶対無理。考えただけで死んじゃう。

おまけに最近彼女がほしいと思わなくなってしまったので、性欲なんて皆無に等しい。
だから今の僕は倉庫の中で眠っている錆びた自転車みたいなもので、走り出すにも不恰好で随分とぎこちない。

昔聞いた話によると、とある男優は仕事をやめてから明らかに竿が小さくなったそうだ。

自分のサイズなんて測ったことがないので分からないが、使わなければ小さくなるのは当然のこと。
そして小さくなれば自信がなくなるから余計に使わなくなる。そうして使わなくなるので、さらにサイズダウンしてゆく。それこそが童貞☆スパイラル。

 

たまに、10代のうちに捨てていたら人生は変わっていたのだろうか、と考えることがある。
まだ童貞として生存権のあるうちに無理やりにでも風俗に行っていれば、あるいは「風俗行ったら人生変わったwww」を書いていたのは僕だったのかもしれない。

でも僕はやっぱりそんなスレ立ててないし、彼女いないし、やっぱり童貞だし。

童貞というのは、言うなればコンプレックスである。
しばしばコンプレックスは武器になると言う者もいるが、武器にした瞬間男としての尊厳を失う気がする。というかその前に、僕のエクスカリバーは武器として機能してくれるのか。いや、機能不全ではないけどさ。

「自分、童貞です」とカミングアウトした男の末路なんて、せいぜい
①死にたくなるほど馬鹿にされる
②男として見られずに女性からガチな相談をされる
③三枚目として永遠に主役になれずに生涯を終える
のいずれかである。

 

嗚呼、いつになったら僕はこのループを脱却することができるのだろう。

イヤな予感だが、年を追うごとに出口が遠のいている気がするのだ。
形のないプライドだけが、どんどん成長しているおそろしい感覚が芽生えてきている。つまり、理想ばかりが高くなってゆく。

先述したとおり、卒業の日まで僕はおそらくソープは行けない。初めての相手は心を許しあった人でないと、自尊心が持たないからである。
しかし心を許すこととはプライドという邪魔者が介入する余地が無い状態、つまり全てをさらけ出せる状態。

果たして相手の女性が経験済みだった場合、僕の肥大化したプライドは平穏でいられるだろうか。
お互いに初めて同士ならば、きっと手探りでぎこちないながらも一緒に頑張ろうという心が生まれるはずだが、女性側が経験豊富だった場合、当然ながらリードしてもらう立場になるわけでして。

男というのは、アホな話であるが往々にして女性をリードしたがる生き物である。征服欲が強いのだ。
だから男にロリコンが多いのも、征服欲が満たされるという点においては理解できなくもない。違うって僕はロリコンじゃありません。

ロリコンではないけど巨根でもないから、経験済みの女性に自分の粗末なものを見せるとき、僕の精神は堪えられるのでしょうか。
元カレの長さと太さと早さと比較される冷酷な現実に、僕の精神は堪えられるのでしょうか。


・・・という考えをめぐらせると、彼女の条件のひとつに「処女であること」という項目が追加されるのも時間の問題。
そうやって25歳、30歳、35歳と歳を重ねるうちに、次々条件が増えてゆき、最終的に50歳くらいで

成人したばかりで処女で恋愛経験なくて顔が可愛くて性格が良くて胸が大きくて足が綺麗で感度が良くて親が既に他界していてドMの女の子

以外初めてを捧げられない人になってしまうかもしれない。

 

そんなのはイヤだ。誰か助けてくれ。

誰か、助けてくれ。