お金がほしい

お金がほしい

先に謝っておきます。ごめんなさい。

たぶん男には戦いを、勝利への面影を

たぶん、男には避けられない戦いというものがあると思う。
きっと女の人にもあるのだろう。


そして男の場合、その相手というのは己自身の場合が多い。
よくアスリートの人たちがインタビュアーに「最大の敵とは?」なんて訊かれた日に「最終的な敵はやはり、自分自身ですかね☆」と答えているが、まさしくそれ。

おとこなんてプライドの塊みたいなものなので、理詰めしていきながらも最終的には自分が納得するかどうかで物事の評価を下すことも多い。
なのである意味では単純だが、それゆえに苦労することもしばしば。


たとえばこんなとき。


僕は毎日電車に乗っているのでどうしたって電車ネタの割合が大きくなってしまうんだけど、ごくたまに駅のホームでぼーっと突っ立っていると、スマホか何かに夢中になっている人が僕の後ろに列をなしてしまうことがある。

あれがめっちゃ困る。僕の精神を著しく損壊する拙劣な行為なのである。


僕はきほんてきに、電車には一番最後に乗りたい主義であるから、新幹線でもなければおおよそ列に並ばないし、よって自ら先陣をきって列を形成するはずがないのである。
一番最後に乗るというのはつまり、乗車後は扉にいちばん近い人間になるということで、だからもっとも降車がスムーズな立ち位置であるということ。

僕は予め計算のうえ、降車駅で出口にもっとも近い扉から乗車するようにしているので、まさに名実ともに改札口のトップランナーなのだ。


けれども他人とはそんな僕の心積りなんて知る由がないから、いわば「そこに山があるから」的なスタンスで、そこに僕が立っているから、と軽々しく列を作ろうと画策してくる。
まさかコイツらは私を嵌めようとしているのだろうか。

おまけにテキトーな場所に立っている僕のあとに列を作るだけあって、その人はスマホや音楽などに集中していて基本前を見ていない。おまけにイヤホンないしヘッドフォンをして外界の情報を完全シャットアウト。いやもう帰れよ。
もはやディズニーランドの待ち時間90分コースと同じ要領で僕の後塵を喜んで拝んでやがる。


極悪非道な所業である。
あえて数字の書かれた地面から離れた場所でスタンバっていたのに、その配慮を踏みにじるかのごとく彼はずかずかと僕のテリトリーに侵入しようとするのだ。

これに関して何が一番イヤなのかというと、どうして僕がここまで心をざわつかせなければならないのかと腐心してしまうという、その一点に尽きる。
間違いなく僕は悪いことはしていない。だってちゃんと紛らわしくないように地面の数字からも黄色い線からも離れているし、なんだったら電車が来る方向と間逆を見ているし。

それなのに、どう考えても僕の後ろに並んだやつが悪いのに、なんだかとっても申し訳ないことをしている気分になる。それがたまらなく鬱陶しい。

 

けれどもまだひとりだ。僕の後ろについている人は、まだ幸いなことにまだたったの1名。
それにまだ電車が来る気配もないし、後ろのやつも偶然スマホを見ていて立ち止まっただけ、という可能性がないわけでもない。


ならば事態が深刻になる前に、「おれは先頭じゃないぞ」と示すべくウロウロしてみようか。それが一番効果的なのではないか。
そう決意していざ実行しようとした矢先、ふとこんな推測が脳裏を掠める。

 

「僕が動いたら、電車が来たと思って後をついてくるのではないだろうか」

 

後ろの人は、重ね重ねスマホを見ているので、突っ立っているだけの人間の後ろに並んでいるという現状をまるで把握していない。
その理解もしていない状況で、つまり列に並んでいるという認識だけを持った状態で、いきなり前の人間が動き始めたらどうするだろう。

そのこたえは明白だ。電車が来たのだと思ってついてくるに違いない。特に音楽を聴いて外の音が聞こえないような状態ではなおのこと。


だとしたら迂闊に動くのは危険である。
もし仮に後ろの人がついてきて、ホームを回遊でもしてしまった日には、仲良しカルガモの親子ごっこみたいな変態羞恥プレイを公衆の面前でしてしまったことになる。僕の経歴に傷がつく。

おまけに昨今の物騒な世の中だ。後ろの人が恥ずかしさのあまり僕を線路に突き落とすという行為が起きてしまった場合、2時間程度電車が遅延することにもなりかねない。僕は悪くないのに!後ろの人間が悪いのに!となどとのたまっても、周りから白い目で見られて駅員さんにも渋い目で見られ、警察が来たらもう僕はおしまい。それでも僕はやるマゲドン。

というわけで、社会的影響が大きくなる前にケリをつけるのが本望である。

 

なんて思っているうちに、悪夢というのはさらに加速するものである。
ついに恐れていた事態、2人目の行列が完成してしまう。

おまけにそいつもスマホとイヤホン。お前らはそんな装備で電車に乗ってスパイ養成所にでも行くんか。


どうしてきちんと番号が書かれたところに並ばんのかね。
むしろちゃんと並んでいるところにはおばあちゃんがひとりしか居なかったりするわけで。そんなに僕の後ろが好きなら別にいいんだけど、ここに並んでいても扉、開きませんよ?


けれども自分に加えて見ず知らずの2人の運命まで半強制的に背負わされた僕は、結果的に責任が重くなるという現象が発生してしまう。
本来の正しい列に並んでいたら、もしかしたら空席に座れたかもしれないという後ろの人間の機会費用を奪い、あまつさえプライドを傷つける行為こそ悪質。しかも第三者的視点からするとおそらく未必の故意に見えるだろう。


もうここまでくると、逆にきちんと番号の前に並んでいなかった僕が責められる立場になってしまう。数の暴力。集団って怖い。

そうこうしているうちに、こんどは赤フレーム眼鏡のサラリーマンあたりが「お?ここ人気の列じゃん」的なノリで後ろについちゃう。
居酒屋じゃねえんだよ。空いてるところ行けよマジに。「おっ、大将今日もやってる?」みたいな顔で列増やしてるんじゃないよ。


コイツはただのアホだから気にしなくてもいいんだけど、アホは結構頻繁にチラチラ前を見てくるものだから、「あれ、なんで先頭のやつあんな頓珍漢な場所に並んでいるんだ?」などと怪訝な表情を向けてくる。

アホのくせに鋭いとは、まったくもって度し難い。いや、気付くのが普通なんだけどさ。


ここまで来たら、もう後ろの3人をどうするのかというのは大した問題じゃなくなり、自分自身がどうするかというほうが大きな課題となってくる。

だって考えてもみてほしい。
客観的に見て、僕と後ろの3人のあわせて4人のうち誰が一番間抜けに見えるかというと、やはりどう考えても僕である。

後ろのやつは、先頭を信じて並んでいるだけのいわば取巻きみたいなもので、僕の立ち位置はその元締め的な、アホ御一行の幹事みたいなものであろう。


たとえるならば、アーティストの出待ちをするために会場に駆けつけた最初のやつが僕。そして後ろの3人が、そんな僕を見て勝手に付いてきた人たち。
けれども会場を間違えてぜんぜん違うところに来てしまっていた、みたいな、そういう哀れさがある。

するとやっぱり悪いのは僕だし、後ろのやつはとりあえず僕に向かって怒りの感情が湧くのが普通だし。ってなにそれ理不尽。

 

てな事情があり、僕は最近反対車線側で待つようにした。
少なくとも僕が住む田舎では、同じ時間に反対方向の電車が来ることは稀なので、これで結構乗り切れることが多い。

 


まぁもっとも、反対車線側で突っ立っていたとき、後ろに人の気配を感じた日には、僕の精神がどうなることやらと想像するだけで身震いを禁じえないわけだが。