お金がほしい

お金がほしい

先に謝っておきます。ごめんなさい。

誰か正しい電話の切りかたを教えてくれ。

頃日、忖度という言葉の濫用が巷で賑わっている。

流行語大賞に代表されるような言葉の流行りというのは、いつだって若者から生じるものだ。
日本の若者は政治に無頓着と言われるが、こういった言葉の端々というのはメディアを通じて日常生活に介入してくる。

少なくとも中学生や高校生が日常会話として「忖度」を用いる回数など数年前ならば皆無に等しかったものを、ここまで普く認知されるようになるのだから時代というのは分からない。


だとすれば、来年あたりには「スティックのり弁当」という言葉が流行っても何らおかしくないのではないだろうか。
いや、おかしいですね。ごめんなさい。


ただ僕が言いたかったのは、「忖度」という言葉など知らずとも人間というのは無意識的にそのような行為をしていた、という事実である。

言語学習というのは面白いもので、例えば中学生男子あたりはそれまで知らなかった性知識を異常な速度で吸収していく。
それは単に「興味があるから」というだけに留まらず、おそらく現象は知っていても「勃起」という名前は知らなかったとか、そもそも自分の陰茎が何と結合するための形状をしているのかとか、パズルのピースが1つずつ嵌るように謎が解けてゆくのが面白いのだと思う。

現に僕だってドイツ旅行しなければフォルクスワーゲンの意味なんて考えることもなかったし、ブリヂストン(Bridgestone)の創業者の名前が石橋さんだったということに驚いたのも、あるいはそういうことだろう。

だから忖度とか逡巡とか躊躇とかというものは言葉ではなく現象、もしくはスキーマとしてインプットされているからこそこうして浸透していったのだと思う。


・・・まぁこの考え方はトートロジーというか、やや牽強付会のようなきらいがあるのであんまり堂々と書けないんだけども。


んで先ほどから何度か挙がっている「忖度」なんだけど、この言葉って本当はすごくポジティブだったと思うのよね。
だって相手の言わんとしていることを推察するとかいう意味だったよね。それってコミュ力カンストしてるし女子だったらめちゃくちゃ女子力高いじゃん。

まぁ例の報道によってマイナスなイメージの付いてしまったこの言葉なんだけど、実はこれって普段からよくやってない?

ほら、アレだよ。電話だよ電話。


電話というのは表情が見えないから、対面で喋るよりも結構気を遣うことが多い。

こうやって顔も名前も出さずにネット上では個人ブログで大口叩いているくせして、いざ電話のときは親切丁寧が我がモットーでございます。

そして何よりも僕が気に食わないのは、電話の切り際の一連のやり取りなのである。
これ誰かに伝わるかな?伝われ~!

あのね、もう忖度とだんだんかけ離れていっちゃうけど、電話というのは流れがあるじゃない。

受話器を取って、用件を伝えて、そして別れの挨拶、と。

このフローってのはそれぞれ独立しているわけじゃなくて、少しずつ関連しているからこそ、流れの変化が見えるんだよね。


例えばさ、用件を伝える側が「今日言いたかったのはそれだけ」とか「今言ったことだけは絶対忘れないでよ、いい?」とか、こういったセリフが来たら「あ、まとめだな」って思うじゃない。
するとその後に来るパターンもある程度決まっていて、「じゃ、また明日」とか「ということで、じゃあ」とか、もう完全に電話を切るための前準備に入るんだよね。


しかし!
ここからが長い。長すぎる。むしろ本題よりも長い!特に親戚のおばさんとのラストが長い!

具体的にはそうだな、例えば僕と親戚のおばさんの電話の切り際を再現してみようじゃないか。

僕→ぼ
おばさん→お

として。

・・・なんだかおばさんを「お」で表すのは違う気がするけど、でも「ば」よりはマシだよね。「ば」にしたらどこからともなく入れ歯とか飛んできそう。怖い。


ぼ:じゃ、そろそろ・・・

お:あっ、そうね。ごめんねぇ!こんな遅くまで

ぼ:いえいえ。まぁ・・・

お:つい長電話しちゃってホント申し訳ない!

ぼ:いやいや、僕のほうこそ色々聞けて良かったですし・・・

お:私も元気そうな声聴けて良かったわ

ぼ:あはは・・・どうも

お:うん、それじゃあまた。悪かったね、夜遅くに

ぼ:いえいえ、いつも夜は遅いので

お:あら、そう?なら良かった

ぼ:あはは

お:うん、それじゃこれ以上時間取らせるのも悪いから

ぼ:あ、いえいえ・・・まぁ

お:それじゃ、またね!

ぼ:あ、はい! ありがとうございました!

お:とんでもない。お父さんとお母さんによろしく伝えてね!

ぼ:はい、伝えておきます

お:最近暑くなってきたから、体調にも気をつけるように・・・もちろんあなたも

ぼ:はい、大丈夫ですよ! おばさんこそお気をつけて

お:ありがと。お互いね

ぼ:はい、お互いに・・・

お:今年の夏も暑いみたいだからちゃんと対策しなくちゃね

ぼ:そうですね、ちゃんと水分とって・・・

お:ね! ・・・うん。それじゃ、また!

ぼ:はい! それではお元気で!

お:うん、またいつでも遊びにおいでね!

ぼ:はい、また行きます!

お:待ってるからね~!

ぼ:はーい!

お:それじゃ、おやすみ~!

ぼ:はーい、おやすみなさーい!

お:おやすみ~、遅くにごめんね~!

ぼ:いえいえ、おやすみなさーい!

お:は~い・・・・・・あっ、ごめんひとつ言い忘れ・・・

 

 


あ゛ぁぁぁぁぁぁああああああああーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!終わんね゛ぇぇぇぇぇええええええええええええーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!