お金がほしい

お金がほしい

先に謝っておきます。ごめんなさい。

アンケート調査のお願い

これは普段のブログ活動と全く関係のないことなんですが、僕の友達の知り合いが今ドイツで大学院生をやっておりまして、その研究の一環で我々日本人にアンケート調査をお願いしたいらしいのです。

あ、よく自分の恥ずかしい過去を語るとき「これは友達の友達の話なんだけどさ、」と切り出すことがあるけど、こればかりは本当に友達の知り合いなので正直僕はこのアンケート調査を実施している人が誰なのか知りません。
そして本人から頼まれたわけじゃなくてその友達を介して依頼されたので、要するにただの慈善事業。

そして見ず知らずのブロガーに頼まれてアンケート調査に協力する読者の皆さんはただの善人。よし、これで先棒としての役割は果たしたぞ。


まぁとはいえね、時間と労力と思考力を異国の誰かのために使うってのはなかなか気が乗らないと思う。
そこで背中を押す材料があって、それが1万円分のAmazonギフト券が当たる抽選に参加できるというもの。

どうです、ちょっと気になってきちゃったでしょ。


こういうのはね、結局報酬が全てなんだよね。
ゴミ拾いも献血も情けは人の為ならずって言って、某かの利益を得ることが重要。

なのでこのアンケートに参加してくださった方(メールアドレスのみ記入が必要)の中から抽選でAmazonギフト券が当たるそうです。
何名様に当たるかは知りません。でも多分こういうのってどうせ1人だよね。倍率何倍になることか。。。


まぁ大学の、それも主に理系の学部を卒業した人ならば学部生や院生の研究に参加した経験をお持ちの人も多いでしょう。
研究というのはそれなりにサンプル数が要るもので、それはやっぱり多いほうがいい。

このアンケートを作ったのがどんな人間でどんな研究をしようとしているのかは正直サッパリ分からないけど、でも被験者募集の苦労を知る身としては参加してあげたくなってしまう。

 


んで実際やりました。
アンケートに答えました。

友達から来た依頼文には「簡単に終わると思うのでご協力お願いします」と書いてあったから割と何も考えずに始めたんだけど、結論から言おう。

ざっと20分かかった。


もうね、これはどんな拷問ですか?と。
アンケート調査っていうのは、被験者への配慮も必要だと思うんだけどこれが微塵も感じられない。

ドイツ語をそのまま和訳したのだろうか、まず質問文を解釈するのにえらく時間がかかる。
そして言語の壁というのかな、何について訊きたいのか分からない箇所が複数箇所ある。
さらに1ページ辺りの質問数が圧倒的に多い。

でもみんなもきっと思うよ。「まだ66%しか終わっていないのか」っていう絶望感、絶対に味わうと思う。

というか僕にこれを依頼した友達も「やっててイライラした」って言ってたし、マジでAmazonギフト券だけが唯一の希望。

 

というわけで申し上げます。

このアンケートは簡単に終わりません。
そしてちょくちょく日本語がおかしかったり初めて見る漢字があったり、重複した内容がいくつもあったりと不快な気分になります。


それでももし、それを覚悟した上でご参加の意思をお持ちいただけるのであれば、どうせ当たらないAmazonギフト券と異国の学生のためにアンケート調査をお願いします。

 

↓こちらから↓

https://www.soscisurvey.de/nippon/

 

※メールアドレスの記入欄はアンケートの最後の欄にあります。

※アンケートの途中で出てくる怪しげなパッケージの写真は「チューインガム」です。

※重複した内容の質問が多いですが、回答内容の信頼性を測るための重要な項目です。くれぐれも正反対の選択肢を選ばないようお願い申し上げます。←このように考えると多少ストレスが軽減されます。