お金がほしい

お金がほしい

先に謝っておきます。ごめんなさい。

下ネタ

犯した過ちとティッシュはトイレの水に流せない

前回とやや内容が被るが、先日上海に行ったときのお話。 宿舎の部屋でゆっくりとくつろいでいたとき、何の前触れもなしに管理人らしきおばさんが突然入ってきたかと思うと、のべつ幕なしに中国語であーだこーだと僕らに向かって訴えはじめた。当然ながらその…

書くほどのことでもなし

最近、無意識下においてモノをぽんっとどこかに置き、数分後にそれを探し回るという遊びがマイブームである。 うそ。全然流行ってない。なんならさっさとやめたい。 どうしていつもこうなるのかしら。まったくもって慙愧に堪えない。特に最近はスマホの雲隠…

世の中色々間違っているような気がしていた。あるいは今も。

どうでもいいけど池田エライザって1996年生まれの22歳なんだね。 いや、この前とある動画を観たらあまりの妖艶さに失禁しそうになっちゃいまして。NHKのCoversで久保田早紀の「異邦人」歌ってる動画だったんだけど。 どうやら消されちゃったみたいね。また興…

隣の個室から屁で挨拶されたら返すのが礼儀

僕クラスの公衆便所ユーザともなると、便所内における挨拶は欠かせないものとなってくる。 普段お世話になっている便器や便座はもちろんのこと、隣の個室で共に冷や汗を流す仲間に感謝するためにもトイレ内において礼節を弁えることは肝要であると思う。 だ…

透明人間とその費用対効果について

おそらく健全な男子ならば一度は想像したことのあるだろうこの問題に、ついに我がブログが言及する日が来てしまった。 いつか書こうかなぁとは思っていたものの、また今度でいいやなんて思っていたらいつの間にか他のネタが切れていた。 というわけで、こう…

どうやら僕は不意に勃起したときの画期的な解決方法をついに見つけてしまったらしい

昨日の夜、突き刺すような寒さに打ち震えながら湯船に使っていると、ふとこんなことが突然僕の頭をよぎった。 「あれ、水着で勃ってしまったら、一体どうすればいいのだろうか」と。 あまりに突拍子もない疑問に、僕は寒気を感じて思わず身震いした。でもこ…

スカート、それは全男子の天敵

おそらくだが、健全な日本男児ならば一度は経験したことがあろうこの問題。そしてその度に己の儚さと虚しさを噛み締めざるを得ないという、悲しき問題。 別に真正面から向き合わずとも時間の流れとやらがいつの間にか解決してくれるのだろうが、しかしこのこ…

TENGAのバキュームカップを友達にプレゼントした

まぁ、このブログではたまに下ネタとか汚らしい話とか、そういうのも結構書いているのできっと読者の皆さんにもその耐性はついていることと思う。 というかついていてほしい。えっ、ついているよね?大丈夫だよね? というわけで今回はそれを前提に、かなり…

ち◯こがもげる夢を見ました

こんにちは。 突然ですが僕の息子が天国に召される夢を見ました。助けてください。震える僕の体をどなたか温めてください。 夢なので詳しくは憶えていないのだけれども、とにかく僕の息子が世界の果てまでイッテQしてしまった。もはや「あかーん」とか叫んで…

コンビニの成人向け雑誌

今日はいつも通りなんとなくネット記事を漁っていると、こんな記事が目に飛び込んできた。 headlines.yahoo.co.jp なるほど、この問題。たしかに我々日本人にとってはいつの間にか随分と馴染み深い光景になっていたが、 おかしい。 生活必需品の中に堂々と不…

もしかして:変態

もしかしてだが、僕は変態なのではないだろうか。いや、実はそんなこと随分昔から気付いていて、それを見て見ぬフリしてやり過ごしてきただけなのかもしれない。僕という人間は臭いものに蓋をするどころか、臭くなりそうなものを予めチェックして臭くなる前…

アクセス解析を見たら錯乱した

ブログにはアクセス解析と呼ばれる機能がある。これは自分のサイトにどのくらい訪問してくれたのかをカウントしてくれているシステムのことだ。このブログ内の記事でも何度かその名を出し、そしてその度に絶望の淵へと追いやられてきた僕であった。有名ブロ…

大切な排泄

ブログ更新を怠って早7日。そろそろ僕の死亡説が出回った頃かと思うが、残念この通り生きていました。...いやぁご無沙汰です。なんかすんません。いや、更新が遅れたのは単に色々と忙しかったというだけで、別にネタが尽きたからストック蓄えるために休業し…

夏は股間がかゆくなる

世の男性の皆々様、クソ暑いこの日々をいかがお過ごしだろうか。今回はちょっと、私事で恐縮なのだが下世話な話を繰り広げてみたいと思う。ちなみにここであえて「男性」と書いたのは、つまり今回の記事は女性の方が読んでも暇つぶしにすらならない低俗なも…

駅構内トイレにおけるクモとの凄絶な闘い

突然だが、僕はクモという生物がこの世の中で一番嫌いである。突如白い壁に出没する黒く不気味なアイツ。突如家の玄関前に巣を張るアイツ。突如どこからともなく目の前にぶら下がってくるアイツ。もうホントに大嫌い。顔も見たくない。それはもう、探偵ナイ…

性欲が消えた

性欲が消えた。おかしい。まだそんな歳じゃないはず。有効期限も賞味期限もちゃんと確認していたし、マニュアルに書いてあった用途だって今もちゃんと守っている。だがもう我が息子からは生気を感じられない。性器だけに。ってこれはマジで笑えない。今や腎…